豊田通商株式会社 フェアトレード認証コットンでSDGs!(Ethicaling コラム10 )

豊田通商株式会社
フェアトレード認証コットンでSDGs!
豊田通商株式会社 https://www.toyota-tsusho.com
COTTON∞(コットンエイト)https://cottoneight.com

【名古屋市役所にフェアトレード認証コットンのユニフォームを導入】
2019年6月、豊田通商株式会社がグループで手がけるフェアトレード認証コットンを使用したユニフォームが名古屋市環境局に納入されました。ごみ収集職員の帽子や作業服として採用。フェアトレード被服の公共調達としては、政令指定都市で日本初となりました。この事業を通じて、フェアトレード認証製品への社会の認知度を向上させ、開発途上国の原料を適正な価格で継続的に購入し、生産者の生活改善を目指しています。
名古屋市は、フェアトレードを街ぐるみで推進するフェアトレードタウンに2015年に認定されており、市民と行政や学校、そして企業とも一緒にフェアトレードタウン運動を展開しています。市のユニフォーム導入は名古屋での運動をも大きく盛り上げ、日本各地のフェアトレードタウンにもインパクトを与えました。

【SDGsの達成に寄与する取り組みとしても注目】
海外のフェアトレードタウンでは、パリ市清掃員の作業服や、フランス郵政公社、ロンドン交通局、パリ空港の制服などにフェアトレード認証コットンが採用されている例があります。日本でも今後、行政・団体の制服や、学生服や体操着、企業の作業着、被服類に、フェアトレード認証コットンの使用が求められる時代が来るでしょう。
名古屋市環境局の制服は、国際フェアトレード認証コットンのユニフォーム採用事例としては、国内初となりました。今後は一般企業向けユニフォームの供給に取り組むなど、豊田通商のフェアトレードコットン事業は大きな希望となります。企業だからこそできる未来を創る事業です。
国連が定めたSDGsの達成に寄与する取り組みとしても注目です。企業へのフェアトレード認証コットン制服導入は、SDGsに関心が高い企業からの需要に応えるものとなるでしょう。

続きは
WEBサイト「Ethicaling エシカリング」をご覧ください!
https://www.ethicaling.com/post/豊田通商株式会社

【できることから少しずつ、サスティナブルな「COTTON∞(コットンエイト)」】
フェアトレード認証コットンを流通させるために、手に届きやすくし、買ってもらうにはどうしたら良いのかを練り、設立したのが、フェアトレード認証コットンを8%混率にしたオリジナル商標ブラント「COTTON∞(コットンエイト)」。フェアトレード市場がまだ十分に開拓されていない環境下での第1歩として、使用する糸にフェアトレード・コットンを8%以上混入することで、生産地で働く人々の暮らしや、仕事環境が向上し、世界が、そして未来が少しずつ良くなるように「できることから、少しずつ」8%から無限の可能性を拡げる挑戦です。「8%の糸」からでもいいからフェアトレード・コットンの使用量を少しずつ増やし、日常に取り入れやすい形を提案し、社会に溶け込む仕組みを展開。「できることから、少しずつ」との思いで、コットンエイトは、綿花生産から消費まで、全てのプロセスを巻き込んでフェアトレードを促進する、豊田通商繊維部門グループの総合力を活かしたチャレンジです。

 

<取材先>
豊田通商株式会社 https://www.toyota-tsusho.com
COTTON∞(コットンエイト) https://cottoneight.com