Punchi Lamai 美しい島スリランカで生まれる、自然を纏う服(Ethicaling コラム7 )

Punchi Lamai プンチラマイ
美しい島スリランカで生まれる、自然を纏う服
https://www.punchi.jp

【大好きなスリランカ】
Punchi Lamai(プンチラマイ)は、代表である藤原響子さんが20年前に訪れたスリランカの美しい島の自然や人々の暮らしに心惹かれたことがきっかけで、2009年にスタートしました。当初より子育て中の女性のための仕事づくりを模索し始まりました。2012年には念願であった「自分たちが生み出したものを販売する場所」として、大阪でフェアトレードショップをオープンします。2014年にはスリランカ北西部の町で縫製チームをつくり、植物染めの染色工房と合わせて技術指導をスタート。2018年からは、工房見学やスリランカ各地を訪問する日本からのオリジナルツアーを行い、工房のスタッフ達との交流と共にスリランカの国の魅力を伝えています。Punchi Lamaiは、スリランカを愛する藤原さんとその仲間たちによって、スリランカの魅力を1枚の服を通して伝えています。

【アーユルヴェーダの草木染め】
インドからスリランカに伝わり根付いた、伝統医学アーユルヴェーダ。そのアーユルヴェーダで使う木の実、根や皮などの植物で生地を染めています。Punchi Lamaiはそれを「AYUR COLOR(アーユルカラー)」と名付けました。「スリランカの自然を生かした素材を使いたい」と思っていたなかで、アーユルヴェーダで使われている植物で染色をすることはスリランカの持つ豊かなエネルギーをお洋服に込められると思い始まりました。

材料の仕入れ先は、主にアーユルヴェーダの薬局。それらを煮出した染液でオーガニックコットンやリネン素材の布を1枚1枚手染めします。2人の職人の手で1日に染められる量は2枚だけ。色をじっくりと抽出し、時間をかけて染めます。染め具合によっては繰り返し染めるため、たくさんの量を染めることはできません。2017年からは技術指導のみならず工房の運営も引き継ぎ、自社の染色工房として軌道にのせるため技術の成長を目指しています。職人たちは、美しい色を生みだすための細やかな工程にじっくりと取り組む毎日です。

続きは
WEBサイト「Ethicaling エシカリング」をご覧ください!
https://www.ethicaling.com/post/punchi-lamai

最後に藤原さんはおっしゃいます。
「11年の間、現地の女性たちと取り組む中で、様々な失敗や困難、苦い想いもありました。工房の移設やチームの再編成を余儀なくされた挫折もへて、新リーダーの育成を試みつつ再スタートしてから3年の歳月が経過した現在、チームとしての力や技術も少しずつ向上してきました。プロジェクトという枠組みから新たな段階へ進むことを目指してオリジナルレーベル立ち上げへとつながっています。Punchi LamaiそしてLailhaは、お客さまからじっくりと選ばれ、長く愛される服であることを望んでいます。少量生産だからこそ、1枚の服が生まれるまでの背景や想いも伝えることができます。」

<製造・販売元・店舗>
Punchi Lamai
〒631-0004 奈良県奈良市登美ヶ丘3-2-11
Tel 0742-94-3992
オンラインショップ https://punchishop.thebase.in/