FAIRBEANS サスティナブルスペシャルティーコーヒー・チョコレート(Ethicaling コラム6 )

FAIRBEANS フェアビーンズ
サスティナブルスペシャルティーコーヒー・チョコレート
http://fairbeanscoffee.net

【3つの持続可能なコンセプトを追及したスペシャリティコーヒー】
名古屋で「フェアビーンズコーヒー」の輸入・焙煎・卸業務、フェアトレードのコンセプトを持つ各種食材の卸販売を行うのはFAIRBEANS/(有)フェアトレーディングです。自社で製造をしている「フェアビーンズコーヒー」は、フェアトレード・オーガニック・シェイドグロウンの3つの持続可能=サスティナブルなコンセプトを追及したスペシャリティコーヒー。世界各国の小規模農家が作る良質なコーヒー豆を自社で焙煎し、品質にこだわったオーガニック食品店舗、生協、宅配サービスに届けています。その他、フェアトレードチョコレ-ト&ココアも輸入・販売、商品の開発を行い、コーヒーだけではなく様々なフェアトレード・オーガニック食品を扱う卸業者です。


【通関士からできること】

FAIRBEANSは、「消費者の手の届くところにオルタナティブな選択肢をお届けしていく」をコンセプトに、2002年に開業しました。創業者である林口宏さんは、大学を卒業後、通関士として勤務。働きながらも「なにかのため、誰かのために働きたい」という思いを持ち、偶然フェアトレードについて知ります。自分の職業にも関わる貿易を通してできること、フェアトレードとの出会いがきっかけとなり、アメリカ・トランスファUSA(フェアトレード認証団体/現:フェアトレードUSA)で1年インターンを経験。その後、コーヒー生産と途上国のコミュニティレベルにおけるフェアトレードを調査するため、単身中米へ渡ります。コスタリカ・ニカラグア・ホンジュラス・グアテマラのフェアトレードコーヒー協働組合を通じて、約半年間コーヒー生産者と生活を共にしました。多くの生産者の声を聴き、フェアトレードコーヒーが生産者へ適正な額が確実に渡り、生活が改善されていることを実感しました。中米での経験や学びを活かし、消費活動の現状を変えるために何が必要であるのか、そのために何をしなければいけないかを考え、より多くの消費者の手にオルタナティブな選択肢を提供していくことを決意。帰国後、6ヶ月の準備期間を経てFAIRBEANS /(有)フェアトレーディングを設立をします。

続きは
WEBサイト「Ethicaling エシカリング」をご覧ください!
https://www.ethicaling.com/post/fairbeans(フェアビーンズ-)

【身近なところでフェアトレードに出会える場】
卸業務だけではなく、フェアトレードを身近に感じオルタナティブな選択できる場として店舗の運営も行ってきました。2009年に新設されたJICA中部センター・なごや地球ひろば1階買物ゾーンに直営店を運営。その他、景観重要建造物である「文化のみち橦木館」にてカフェ運営、名古屋市内に直営店舗運営を経験し、フェアトレードを発信する場も行ってきました。フェアトレードの理念を共有できる場所、フェアトレード活動全般に関わりたい人たちと接点を持ちながら、多くの市民、消費者に情報を発信し、フェアトレードという選択肢を提供することができること考え運営がされてきました。その活動は、卸業務でも広く展開し、生協、学生生協の売店、フェアトレード大学、自然食品店、カフェなど、全国にフェアトレードを届けています。
自社で製造されるフェアビーンズコーヒーを通して、フェアトレードを身近な選択肢の1つにできるよう幅広く展開してきたFAIRBEANS。コーヒー生産で起きている現状を伝えながら、フェアトレードコーヒーや食品の品質の高さも伝えてきました。今後も、名古屋を拠点に全国へフェアビーンズコーヒーやフェアトレード・オーガニック食品を伝え届け続けていきます。

<製造・販売元>
FAIRBEANS/(有)フェアトレーディング
オンラインショップ http://fairbeanscoffee.net/
Web http://fairbeanscoffee.net