株式会社 大醐「ほほほ」 持続可能な世界を見据えたエシカルなお店(Ethicaling コラム4 )

株式会社 大醐「ほほほ」
持続可能な世界を見据えたエシカルなお店「ほほほ」
https://daigojapan.jp

【日本の物づくりから、想いはフェアトレードへ】
「ほほほ」は、三越ラシック店に続き、2020年にフェアトレード&エシカルのセレクトショップを星が丘テラスにオープンしました。「お買い物で世界を変える」を掲げ、店内には、日本各地の伝統素材・製法・職人技を活かした品々の他に、東南アジア、インド、アフリカからのフェアトレード商品が加わり、世界の文化や伝統、作り手の想いを感じられるエシカルなアイテムが並びます。

「ほほほ」を手がける株式会社大醐(だいご)は、1981年にアパレルメーカーとして創業。「かっこ悪いものをかっこ良くすることで日本の物づくりを未来へ伝える」を経営ビジョンに、メイド・イン・ジャパンを見直し、「日本の伝統技術や産業を守ること」を大切にしながら、服飾雑貨を製造・販売してきました。約10年間、ステテコや靴下など、あまり目が向けられない日用品にデザイン性や良質な素材を取り入れることで、業界No.1の商品を多数生み出してきました。大醐が大事にしてきたことは、①生産地の歴史や背景を学び、生産者の想いを理解し商品と共に物語や想いをお客様に伝えていくこと。②一過性に終わらせず、継続的に雇用を生み出していくこと。③日本の物づくりを守るために、伝統に今の新しい価値観を加えて行くこと。

日本国内の物づくりを守ってきた大醐が、次にチャレンジしたのは、視野を世界に広げたフェアトレードの商品開発でした。大醐が大事にしてきた日本の物づくりと、途上国の生産地を守るフェアトレードは同じ思い。今では、日本の物づくりは「国内フェアトレード」とも呼ばれています。

続きは
WEBサイト「Ethicaling エシカリング」をご覧ください!
https://www.ethicaling.com/post/株式会社-大醐(だいご)

【デザインや品質の良さを追求し、目指すは「WFTO認証」取得】
大醐は、フェアトレード商品を輸入販売するだけでなく、自社のフェアトレード商品を開発し、会社全体で取り組むフェアトレード企業として「WFTO認証」取得を目標にしています。生産地が日本でも海外でも「誰がどんな想いで作ったのかを大切にしたい」というフェアトレードの理念と共に、アパレル企業の経験から、デザインの魅力や着心地・使い心地の良さも今まで通りの質を目指し、「幅広い消費者に届けたい」と、日本の物づくり・海外の物づくりを活かした、新たなチャレンジを続けています。
「世界を変えるためには、私たちの力は、微力であるけれど、決して無力ではないはずです。私たちの想いで、より良い未来を創っていきましょう。」と日本そして世界に目を向けています。

<店舗>
「ほほほ」星が丘テラス店
名古屋市千種区星ヶ丘元町16-50 星ヶ丘テラスWEST1階
Tel 052-783-7117

「ほほほ」三越ラシック店
名古屋市中区栄3丁目6-1ラシック 6階
Tel 052-259-6552

株式会社 大醐
Web https://daigojapan.jp