クラタペッパー カンボジアから届く、世界一美味しいといわれる胡椒(Ethicaling コラム2)

クラタペッパー
カンボジアから届く、世界一美味しいといわれる胡椒
http://www.kuratapepper.com

【3本の原木から始まった完熟胡椒のクラタペッパー】
中世から1960年代まで、「世界一美味しい」といわれていたカンボジアの胡椒。1970年代の内戦の影響により、生産がほとんど行われなくなりました。その世界一美味しい胡椒の復活には、辛うじて残った3本の原木から始まります。カンボジアの首都プノンペンより西部、タイランド湾に面したコッコン州に、その原木から家庭菜園ほどの胡椒畑を作っている農家の人がいました。代表 倉田浩伸さんは、その農家の胡椒畑を基に地元の人々と共に農園を拡張、今では6ヘクタールの耕地で胡椒を栽培し、プノンペンの本社で、加工・卸販売・輸出を、2つの店舗で販売を行っています。その味は地元の方にも、旅行者のカンボジア土産としても大人気です。こうした倉田さんの功績もあり、カンボジア産胡椒の生産量は世界第13位(2018年)まで増え、世界一美味しい胡椒は再び世界に広がりつつあります。

胡椒は、果実のように房に実をつけます。その房の中から1~2粒ほどが赤く熟したら、収穫の合図。緑色の状態で摘み取ります。ですが、クラタペッパーでは最初に真っ赤に熟した実だけを1粒ずつ手摘みし、それを「完熟胡椒」と名付け商品化しています。完熟した実はさらにフルーティで、レーズンのような甘みをおびた芳香な辛みとなり、料理を引き立てるその魅惑のスパイスに、みんな虜になってしまいます。

続きは、
WEBサイト「Ethicaling エシカリング」をご覧ください。
https://www.ethicaling.com/post/kurata-pepper
https://www.ethicaling.com/

クラタペッパーは、浩伸さんと由紀さんの二人三脚で歩んできました。農園を開拓し胡椒にひたむきに向き合い、品質を向上。販路を広げることで、カンボジアに雇用を生み出し、従業員の生活が向上することで、誇りをもたらしました。カンボジアでの胡椒栽培をする農家さんに、夢と希望を生み出しました。今では、胡椒栽培の技術を地域の農家さん達に教えて、カンボジアの人たちと一緒に胡椒産業を盛り上げたいと願っています。

<製造・販売元>
KURATA PEPPER Co.Ltd.
株式会社クラタペッパー
Tel  0587-81-3207
Mail  info@ kuratapepper.com
Web http://www.kuratapepper.com