名古屋弁フェアトレード・コーヒーバックなど [ シーシーエスコーヒー株式会社 ]

【フェアトレード・コーヒー】
名古屋弁フェアトレード・コーヒーバック(7種類)

有機栽培フェアトレードグアテマラ200g(豆・粉)

 

ワンドリップ・有機栽培フェアトレードグアテマラ10g

 

ギフト缶・有機栽培フェアトレードグアテマラ100g粉

 

レギュラーコーヒー・リキッドコーヒー・ドリップバッグコーヒー
オンラインショップ:https://www.rakuten.co.jp/coffee-mail/

 

【フェアトレード・コーヒーに関して】
・グアテマラの7つのコーヒー産地のうち、ウエウエテナンゴは最も標高が高くいです。そのウエウエテナンゴで栽培されたコーヒーを使用しています。
・朝晩の寒暖差が激しく、それにより独特の甘酸っぱさがある良質なコーヒーです。
・また、機械でなく手で摘み取っているのでほぼ完熟豆だけです。
・フェアトレード認証コーヒーを販売することで、グアテマラの生産者の生活向上を支えています。
・「フェアトレードタウンなごや」のお膝元とも言える名古屋市役所内の食堂『IKOTTO(イコット)』様でも弊社の有機栽培フェアトレードグアテマラのコーヒーを提供していただき、フェアトレード活動を応援しています。

1953年に名古屋で創業して以来、地元の喫茶店さんを中心にコーヒー豆をお届けしています。
また、「ボルサ」「プロスペール」「ファゼンダ」「アビアンカ」などのセルフスタイルのカフェの運営を行い、地元の方に美味しいコーヒーをお届けしています。有機コーヒーなどの認証コーヒーも扱い、特に最近は地元『フェアトレードタウンなごや』の応援を出来ればとフェアトレードコーヒーの普及に力をいれています。
フェアトレードコーヒー使用の「名古屋弁コーヒーバッグ」は、ちょっとした名古屋土産に人気です。
私たちシーシーエスコーヒーは、“COFFEE & COMMUNICATION”を合言葉に、これからも“コーヒーを核に、うるおいのある生活シーンを創出する企業”を目指して参ります。

 

<店舗情報>
フェアトレードコーヒーのお取り扱いは
「ボルサ」(大須店、港店、南陽店、アズパーク店、津島店、戸田店、清洲店、北方店、イオンタウン大垣店、桑名店)
http://www.ccscoffee.co.jp/shops/bolsa/bolsa.htm
営業状況はこちらから
http://www.ccscoffee.co.jp/img/20200423.pdf(4/23現在)

<問合せ先>
シーシーエスコーヒー株式会社
電話 : 052-741-3066
mail : ccs6363@ccscoffee.co.jp
HP  : http://www.ccscoffee.co.jp/index.htm